最近の記事
eelearning_03.gif

EElearningで、短期間にスピーキングがうまくなれます。

【音声付】NY TIMESの要約を読んでみよう!のメルマガ登録は こちら

2010年04月04日

No. 24 (March 26, 2010) "A new start" 音声ファイル



英語の意味の分からない方は、鳩山内閣のメルマガのバックページを
見てみましょう。

http://www.mmz.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2010/0325/index.html


No. 24 (March 26, 2010) "A new start"

The fiscal 2010 budget was passed this Wednesday. About six months
on from last September's change of government, the Hatoyama Cabinet
was able to formulate its first full-scale budget and pass it by
the end of the fiscal year. I feel that we are now at the starting
point where we can finally implement the policies we have been
communicating to the public.

Striving for a politics that protects people's lives, we wanted to
support people's lives more than anything else and put their daily
lives first. It was out of this desire that we have placed our
focus in the fiscal 2010 budget particularly on policies for
child-rearing, medical care, employment, and the environment. While
we have managed to prevent the economy from falling into
a double-dip recession, the employment situation remains a severe
one. We will advance projects swiftly so that these policies will
have an effect as soon as possible.

Heeding the people's voice, which urges us not to be hindered by
the fetters of the past and convention but to thoroughly review the
existing budget, and based on the principle of "not spending on
concrete, but on people," we have eliminated public works that have
no clear impact and proactively engaged in investing in people.

We will start a child allowance so that people can give birth to
and raise children with peace of mind. We will also work to
eliminate day-care waiting lists by increasing places at child-care
facilities by about 50,000 a year for the next five years,
utilizing empty classrooms at elementary and junior high schools,
and enhance a variety of child-care services, such as extended
day-care and day-care for sick or recovering children, based on the
Vision on Children and Child-rearing adopted recently by the
Cabinet. Moreover, we will make public high school tuition free and
lessen the burden of tuition at private high schools so that all
high school students can concentrate on their studies without
anxiety, regardless of their family circumstances.

Reviving medical care is also an important issue. We will aim to
improve services at core hospitals of the community, emergency care,
obstetrics, pediatrics, and surgery through the first upward
revision of the remuneration for medical services in ten years and
a thorough review of the way these remunerations are allocated.

In the area of employment, we will drastically shorten the
eligibility criteria for employment insurance, from a prospect of
over six months of employment to over 31 days, in order to relieve
the employment insecurity of people who work. We will also increase
the resources for employment adjustment subsidies by a factor of
more than 10 compared to the amount budgeted for the current fiscal
year with the aim to alleviate the burden of business operators
working hard to maintain employment.

These policies to support people's lives and protect employment,
when executed seamlessly together with the emergency economic
countermeasures that the second supplementary budget passed at the
end of January underpins, will provide a foothold for economic
recovery in the form of the creation of new demand and expansion of
consumption.

Some bills that the government submitted, including those related
to the budget, are still in deliberation. We will thoroughly
discuss these bills at the Diet and aim for their early passage.

2010年03月29日

Hatoyama Cabinet E-mail Magazine No. 22 (March 12, 2010) 音声ファイル

Hatoyama Cabinet E-mail Magazine No. 23 (March 19, 2010) 音声ファイル

2010年03月27日

ビジネス英語の基本スキルを学ぶ講座(4/20)

http://www.osaka.cci.or.jp/b/eigo-kiso10/
◇問合先:研修担当  ◇TEL:06-6944-6421
posted by Mark at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナ- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳩山内閣メールマガジン第24号         ┃ ┃                   2010/03/25      新たなスタート   

 昨日、平成22年度予算が成立しました。昨年9月の政権交代から約半年、
鳩山内閣として、初めて本格的な予算の編成を行い、年度内に成立させるこ
とができました。これまでみなさまにお伝えしてきた政策をようやく実行に
移すことができる、そのスタート台に立つことができた、そのような気持ち
です。

 「いのちを守る政治」を目指し、まず何よりも、国民のみなさまの暮らし
を支えたい、国民生活が第一という思いのもと、平成22年度予算では、子
育て、医療、雇用、環境などの分野に、特に重点を置いています。経済状況
は、二番底はなんとか回避はいたしましたが、雇用情勢は引き続き厳しい状
況が続いています。これらの政策が1日も早く効果を発揮するよう、迅速に
事業を進めてまいります。

 「過去のしがらみや慣習にとらわれずに、既存の予算を徹底的に見直せ」
とのみなさまの声を受けて、「コンクリートから人へ」の理念のもと、効果
がはっきりしない公共工事などは削り、人への投資を積極的に進めました。

 安心してお子さんを産み、育てられるよう、子ども手当を創設します。ま
た、先般閣議決定した「子ども・子育てビジョン」にもとづき、小中学校の
空き教室の活用などにより、今後5年間、保育所の受け入れ児童数を年5万
人程度増やして待機児童の解消を図るとともに、延長保育、病児・病後児保
育など多様な保育の充実を進めます。さらに、家庭の状況にかかわらず、す
べての高校生が安心して勉学に打ち込めるよう、公立高校の無償化、私立高
校生の学費負担を軽減します。

 医療の再生も重要な課題です。診療報酬の10年ぶりのプラス改定や大胆
な配分の見直しにより、地域の中核的な病院、救急や産科、小児科、外科な
どの充実を図ります。

 雇用の分野では、働く方々の雇用不安を解消するため、雇用保険への加入
要件をこれまでの6カ月以上の雇用見込みから31日以上に大幅に短縮しま
す。さらに、がんばって雇用を維持している経営者の方々の負担を軽減する
ため、雇用調整助成金を前年度の10倍以上に増額しています。

 これら、みなさまの生活を支え、雇用を守る政策は、1月末に成立した第
二次補正予算による緊急経済対策と切れ目なく展開することで、新たな需要
の創出、消費の拡大を通じて、景気回復のための足がかりにもなります。

 予算関連法案を含め、まだ審議中の政府提出法案があります。国会でしっ
かりした議論を行い、早期の成立を目指してまいります。

2010年03月20日

Hatoyama Cabinet E-mail Magazine No. 23 (March 19, 2010)

Yukio Hatoyama's "Yu-Ai"
-- Message from the Prime Minister (provisional translation of the
Japanese version, which is delivered on Thursdays)

"Further strengthening the review of government programs"

At the meeting of the Government Revitalization Unit held last week,
we decided to start the second round of review of government
programs in April. I appointed Mr. Yukio Edano, a Diet member who
took the lead in the review of government programs last year,
as a Minister of State this time. I hope that he will further
display his skills in this endeavor and I have great expectations
of him.

Last year, under political leadership, we reviewed in front of the
people where and how government budgets were used, grasped the
situation, and made it clear whether there was waste and whether
budgets were used effectively.

For the second round, we will target programs of incorporated
administrative agencies and government-affiliated public interest
corporations. We will examine not only the budgets but also the
necessity, effectiveness, and efficiency of these programs, and
whether each agency and corporation functions appropriately
as an operating body. We will also conduct a fundamental review of
the system of incorporated administrative agencies.

In order to firmly advance these activities, we have submitted to
the Diet the bill to establish political leadership, to give the
Government Revitalization Unit, along with a National Policy Bureau,
legal status with bolstered authority.

We have also decided to have each government office reassess their
own programs from scratch in a review of administrative programs.
External experts, among others, will be called in to conduct an
open investigation of each program's efficiency and effect from
a taxpayer's viewpoint. The purpose of this is to build in each
government office a mechanism for the review of government programs.

As we approach the end of this fiscal year, we will also take
a scalpel to the tradition of year-end last-minute budget execution
and using up of the entire budget, something for which we have
received much criticism from the public. I have given thorough
instructions to the staff of all ministries and agencies to
strictly refrain from forcefully trying to use up their budgets
even though the necessity of a program is unclear or from buying
equipment when there is no necessity or urgency to do so.

The government revitalization is a significant task that the
Hatoyama Cabinet has been charged with by the public. The Cabinet
will exercise all its power in order to thoroughly eliminate waste
in the government and restore the trust of the people.


* Profile of the Prime Minister
http://www.kantei.go.jp/foreign/hatoyama/profile/index_e.html

2010年03月18日

Hatoyama Cabinet E-mail Magazine No. 22 (March 12, 2010)

Yukio Hatoyama's "Yu-Ai"
-- Message from the Prime Minister (provisional translation of the
Japanese version, which is delivered on Thursdays)

"Environment -- from the home to the region"

Have you ever heard the term "venous industry"? It is a term that
describes the industry in which various used products are recycled
so that they can be used again or new materials are produced
through recycling.

Last Saturday, I visited Super Eco Town in Jonanjima, Ota City,
Tokyo, a site where venous industries are concentrated to resolve
the waste issue in the Tokyo metropolitan area and realize
a recycling society.

The task of manually taking apart collected cellular phones and
digital cameras that are no longer in use and sorting the parts so
that gold, silver, and precious rare metals, such as palladium, can
be easily extracted from them gave me the impression of a future
"urban mine." One of the other companies I toured produces
electricity sufficient to supply 2,400 households everyday by using
methane gas generated from food waste. Touring these companies
reminded me of the importance of recycling.

Consuming in the local region foods produced in the same region is
called "local production for local consumption." Recycling activity
is just the same; I heard that making a system for recycling to be
completed within the region, called "chi-cycle*," is important.
I also learned how these companies struggle as they gather material
for recycling and bear the burden of costs. Hearing them, I thought
that the government should support the venous industry and put more
efforts into creating recycling systems nationwide.

Just this Monday, acceptance of applications for the eco-point
system for housing started. The system is applicable not only for
new homes but also for renovations such as for heat insulation for
windows. I hope that this system will facilitate building of
housing that is friendly to both the environment and the household
economy, such as by reducing utility expenses.

Even the significant goal of preventing global warming can be
accomplished through the buildup of ingenious innovations and
efforts taken at each individual household, company, and region.

The government is advancing the Challenge 25 Campaign with the goal
to reduce emissions of greenhouse gases, such as CO2, by 25% by
2020. I would once again like to ask each and every one of you to
take on various challenges, at home, in the workplace, and in the
region.

* "Chi" in this context stands for region in Japanese.


* Profile of the Prime Minister
http://www.kantei.go.jp/foreign/hatoyama/profile/index_e.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━−−−--- …・・・┓ ┃         鳩山内閣メールマガジン第23号         ┃ ┃事業仕分け、さらに強力に                   2010/03/18         

 先週開催した行政刷新会議において、4月から「事業仕分け」の第二弾を
行うことを決定しました。昨年の事業仕分けで活躍した枝野幸男議員を、こ
のたびは閣僚として起用し、さらに手腕を振るってもらいたいと思っていま
す。大いに期待しています。

 昨年は、政府予算の支出先や使途について、政治主導で実態を把握し、国
民のみなさまの前で、無駄や非効率な使われ方をしていないかを明らかにし
ました。

 今回は、独立行政法人や政府系の公益法人が行う事業が対象です。予算だ
けでなく、事業の必要性や有効性、効率性やそれぞれの法人が事業主体とし
て適当かなどを検証します。独立行政法人制度自体についても、抜本的に見
直してまいります。

 このような取組を強力に推進するため、行政刷新会議を、国家戦略局と並
んで、法律に基づく強固な権限をもつ組織とするよう、「政治主導確立法案」
を国会に提出しております。

 また、それぞれの役所においても、自らの事業をゼロベースで見直す「行
政事業のレビュー(見直し)」を実施することを決定しました。それぞれの事
業について、外部の有識者らによって、納税者の視点から事業の効率性や効
果の検証を公開で行います。まさに、役所ごとに事業仕分けのメカニズムを
組み込むことがねらいです。

 さらに、まもなく年度末を迎えますが、これまで国民のみなさまから多く
のご批判をいただいた、予算の年度末の駆け込み執行や全額使い切りの慣行
についてもメスを入れます。事業の必要性が明らかでないのに無理矢理予算
を消化しようとしたり、不要不急の備品を購入したりすることは厳に慎むよ
う、全府省、全職員に周知徹底いたしました。

 行政刷新は、国民のみなさまから鳩山内閣に託された大きな課題。政府の
無駄遣いを徹底的になくし、国民のみなさまの信頼を取り戻すべく、内閣一
体となって全力で取り組んでまいります。

2010年03月17日

環境−ご家庭から地域まで 鳩山内閣メールマガジン第22号         ┃ ┃                   2010/03/11    

 みなさん、「静脈産業」という言葉を聞かれたことはありますか。さまざ
まな使用済み製品を、再使用できるようにしたり、リサイクルにより新たな
材料を生み出したりする産業を、「静脈産業」と呼びます。

 先週土曜日、私は、首都圏のゴミ問題を解決し、循環型の社会へと変えて
いくため、東京都大田区城南島に整備された、静脈産業が集積する「スーパ
ー・エコタウン」を訪問しました。

 使われなくなって回収された携帯電話やデジカメを手作業で分解し、金や
銀、パラジウムなどの貴重なレアメタルを取り出しやすいように分別する作
業は、まさに未来に向けた「都市鉱山」を見る思いでした。また、食品廃棄
物からメタンガスを発生させ、毎日、2400世帯分に相当する電気を発電
する企業などを見学し、リサイクルの重要性を再認識しました。

 地域で採れた食べ物をその地域で消費することを「地産地消」といいます
が、リサイクルについても、地域でリサイクルできるシステムづくり、「地
サイクル」が大事だという話を伺いました。また、リサイクルのための原料
集めのご苦労やコストの負担に関する考え方を伺い、政府としても「静脈産
業」を支え、国全体でのシステム作りにもっと力を入れていきたい、そう思
いました。

 ちょうどこの月曜日から、住宅エコポイントの申請受付が始まりました。
新築だけでなく、例えば、窓の断熱化のためのリフォームなども対象となっ
ています。環境に優しく、光熱費が節約できて家計にも優しい家造りが進む
ことを期待しています。

 地球温暖化を防ぐという大きな目標も、それぞれのご家庭や企業、地域で
の知恵を絞った工夫や取組の積み重ねがあってこそです。

 政府では、2020年までにCO2などの温室効果ガスの排出量の25%
削減を目指し、「チャレンジ25」キャンペーンを進めています。あらため
て、みなさまお一人おひとりのご家庭や職場、地域でのチャレンジをお願い
したいと思います。

※ チャレンジ25キャンペーン(テレビスポット1)
 (政府インターネットテレビ)
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg3253.html

※ チャレンジ25キャンペーン(環境省ホームページ)
http://www.challenge25.go.jp/index.html

地震・津波への対応 鳩山内閣メールマガジン第21号         ┃ ┃                   2010/03/04         

先週末チリをおそった地震は、マグニチュード8.8という規模のすさま
じいものでした。現地では、800名近くの方々の尊い命が犠牲となってお
り、心からお悔やみ申し上げます。

 地震の一報を受け、私は、すぐさまチリにいる日本人の安否確認など、震
災の情報収集を急がせるとともに、救助などが必要な場合には、直ちに対応
できるよう態勢を整えるよう指示しました。先ほど、在留邦人全員の無事が
確認され、ほっとしたところです。

 また、昨夜には、チリのバチェレ大統領と電話で会談し、哀悼とお見舞い
の意と、日本としてできる限りの支援を行いたいことをお伝えしました。大
統領から医療分野での支援の要請を頂きましたので、至急検討しているとこ
ろです。

 地震発生の翌日の日曜日には、地震による津波の到来が予想される地域に
お住まいの方々の安全確保に万全を期すべく、官房長官と防災大臣が関係す
る県知事とTV会議を通じて、被害を最小限にするための対策を協議しまし
た。情報提供の徹底など、関係省庁が一体となって対応いたしました。

 日本各地で1メートルを超える津波が観測され、一部、養殖などで深刻な
被害が出ているものの、国と地方自治体が一体となって津波対策に取り組ん
だ結果、人的被害が無かったことは、本当に何よりでした。

 今回の経験を活かし、地方自治体ともさらに連携を深めながら、政府とし
て、災害対策の向上に努めてまいります。

 今週、来年度予算が衆議院を通過いたしました。「コンクリートから人へ」
という理念を貫いて編成した、「いのちを守る予算」の実現に向けて、また
一歩前進いたしました。

 このなかには、子ども手当、高校無償化など子育て支援に関する予算や、
医療や介護の再生に向けた予算を始め、マニフェストに掲げたみなさまの身
の回りの生活にかかわる政策に必要な予算が、数多く盛り込まれています。

 参議院での予算審議が進められていますが、早期成立を目指して、国会で
しっかり議論してまいります。
posted by Mark at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | LincEnglish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

  鳩山内閣メールマガジン第20号 2010/02/25  鳩山由紀夫の「ゆう&あい」   [支え合う社会]     

先週末、地域の方々にひらかれた小学校を訪問するとともに、防犯活動を
通じて安全・安心なまちづくりに取り組む団体、産後のお母さんたちを支え
る方々に、それぞれお会いしました。

 訪問した小学校では、地域の方々がボランティアとして、クラブ活動など
に積極的に関わっていました。私も、学校と地域の方々が一緒になって子ど
もたちに吹奏楽や竹とんぼづくりを教えている現場を見ることができました。

 この小学校では、ボランティアの学習アドバイザーが登録されています。
たとえば、分数が苦手な子どもに付き添って、分かるまで丁寧に教えてあげ
ているそうです。

 こうしたボランティアの方々が、子どもたちに教え、子どもたちが「でき
た」「分かった」と目を輝かせ、その笑顔がボランティアの方々に返ってく
る。ボランティアの方々も、教えることに幸せを感じておられるのです。幸
せを与えることで、自らも幸せを感じる。それこそ、目指すべき「新しい公
共」のひとつの姿ではないでしょうか。

 また、今回の訪問で特に印象的だったのは、それぞれの団体の中心的な役
割を、女性の方々が担っていたことです。女性のパワーや魅力を発揮しやす
い環境を、私たちの生活の真ん中にうまく整えていくことが、重要だと感じ
ました。

 一人ひとりが幸せを感じ取れるような社会、居場所というものを一人ひと
りが持てる社会を創り上げていきたい。今回の訪問を通じて、そのような思
いを改めて強く感じました。

 一方、わが国では、一日に約90人、年間3万を超える人々が自殺で亡く
なるという状況が12年間続いています。誠に痛ましい事態です。

 私は、所信表明演説で、息子さんを自殺で亡くしたおばあさんの話をしま
した。自らいのちを断つ人が後を絶たない、しかも政治も行政もそのことに
全く鈍感になっている。私は、これを正していきたいと思います。

 3月は、例年、自殺者数が最も多くなります。そこで私たちは、この3月
を、政府として初めて「自殺対策強化月間」と定め、さまざまな悩みを抱え
る方々に対して、それぞれの立場に立った施策を進めていくこととしました。

 そのひとつとして、「睡眠」を切り口としたキャンペーンを実施します。
疲れているのに2週間以上十分眠れていないのは「うつ」のサインだそうで
す。不眠に悩む人が近くにいたら、思い切ってお医者さんに診てもらうよう
勧めましょう。ハローワークや職場での心の健康相談にも力を入れてまいり
ます。

 自殺をめぐる問題は大変複雑ですが、まずは身の回りの人たちへの心配り
から始めてみませんか。不安を抱えた人に手を差しのべ、一人でも多くの人
々のいのちを守る社会、支え合う社会にしたい、それが、私の切なる願いで
す。

ビジネス英語[59] 仕事を切り上げる Section 3 同僚・上司とオフィスの会話

【ビジネス英語”これさえあれば!”の基本表現100】
ビジネス英語[59] 仕事を切り上げる Section 3 同僚・上司とオフィスの会話
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20100225/105985/?woml
posted by Mark at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド